Scramble

仕事と趣味と雑記とetc

ISUM(アイサム)って何!?結婚式の音楽って好きな曲流せないの!?好きな曲絶対流したい!!!

f:id:JAPANmachida:20171020223332p:image

まず、

ISUMに憤りを感じているかと思います。

 

私も式場で勤める中

『ISUM糞』って思う1人です。

 

ただ、

こればかりは、どうしようもありません。

 

これから結婚式を行う人

これから式場見学を行こうと考えている方

余興で音楽やDVDを作ろうとしている方

そんな方達の

ちょっとでも参考になれば幸いです。

 

 

ISUM(アイサム)って何!?

まず、アイサムがどういう会社か知って頂くのが1番かなと思います。

アイサムは

一般社団法人 音楽特定利用促進機構

一般社団法人とは・・営利を目的としない非営利法人  

って言うことが前提となっています。

 

めちゃめちゃ営利目的じゃんって思いますよね!?

 

ただ、

非営利性という物を担保しておけば収益を上げることも許されています。

 

ちょっと、納得いきませんが逃げ道はあるんだなぁ~と思いました。

 

そして、アイサムという社団法人は簡単に言うと

音楽使用(著作権や著作隣接権)について

ISUMのワンストップ・システム

私たちの間に入って申請を行う代行業者と思うのが分かりやすいかと思います。

 

個人で、図のような日本レコード協会やJASRAC等に直接やりとりすれば良いのかと言うと、出来なくもないですが出来ないと思って貰った方が良いでしょう。

 

なぜなら、

個人で直接やり取りするのは、限界があるからです。

実際に、個人では曲の取得に限界があります。

個人では許可が下りないような曲も存在するからです。

 

正直な所、

代理としての存在のアイサムも

大元のJASRACもグルって事ですよ。

 

時代劇の悪代官がJASRAC

卸問屋がISUM

みたいな感じです。

 

でも、なんでこんな事が突然浮上してきたのか?!

 

これは、

当たり前の事

だと私は思っています。

 

著作権は、昨今では有名ですよね!?

侵害してはならないんです。

 

今までは、それが見て見ぬフリだったわけです。

 

映画でもやっていますよね!?

『NO!MORE!』

f:id:JAPANmachida:20171020210730j:plain

無断で、複製して曲を流すのも一緒なんです。

 

実際に式場側で問題になっているのは

複製権なんです。

これが相当厄介です。。

 

著作権法を侵害すると

先程の『NO!MORE!』と一緒で

10年以下の懲役、もしくは1000万以下の罰金

 

それこそ

『NO!MORE!』

f:id:JAPANmachida:20170906224605j:plain

ってなりません!?笑

 

だったら、上手く付き合っていくしかないんです・・泣

 

これから、

結婚式で流す音楽はどうすれば良いか!?

順を追って説明していきますね!!

 

許される音楽の使用方法

アイサムの影響で音楽の使用制限が出てきました。

アイサムを使用しなくても音楽を使用できる方法を紹介致します。

端的に言って2つあります。

 

1つ目は

著作権フリーの音楽を使用すること

著作権フリーの楽曲はいくつかあります。

ただ、

著作権フリーの音楽は、クラシックが多いので

結婚式で使用する時は

歓談中の音楽くらいでしょう。

 

著作権フリーの音楽の中で

結婚式の音楽に使用できるような曲は少ないです。

 

 

2つ目は

原盤を使用すること

今回、問題になっていることは『複製権』です。

買ったCDは、『複製』したものではないので

原盤でなら流すことは問題ないです。

 

式場に原盤を持っていけば大丈夫です。

 

3つ目は

代行業者を使用すること

式場に頼むと高額になる可能性はあります。

もしかしたら

自分でアイサムに申請した方が安いんじゃない!?

って思うこともあるかも知れません。

 

私がオススメするのは、代行業者です。

当日使用する音源を複製して届けてくれます。

結果的に安くなる事の方が多いです。

だって、

アイサムや式場より安くないと商売成り立たないですもん。

 

披露宴で使う音楽

先程と重複してしまう部分が殆どですが

原盤か著作権フリーの音楽です。

 

式場で用意してくれる所もありますし

自分で用意しないといけない式場もあります。

 

披露宴で使用する曲数は約12曲~16曲位は使用します。

 

自分でアイサムを通して複製する場合は約10万位かかる場合もあります。

 

賢く費用を抑えたい人は、

・式場で用意する場合の金額

・自分で用意する場合の金額(持ち込み料も聞いておく)

・代行業者に頼む(持ち込み料も聞いておく)

を調べて比べてみるのもオススメです。

 

自作DVDで使う音楽

結婚式で自分達が自作でDVDを作成するものは、

・オープニングDVD

・プロフィールDVD

・エンドロールDVD

の3つが主かと思います。

 

この場合は、どうすれば良いのでしょうか!?

 

DVDを焼いて、原盤を持っていき

当日同時に流してもらいますか!?

 

オープニングDVDやエンドロールは1曲でも良いですが、

プロフィールDVDは

・新郎の生い立ち

・新婦の生い立ち

・2人の生い立ち

と3曲は使いたいですし、

曲の途中で原盤を入れ替えるなんて出来ませんよね?!

 

この場合は、

自分でアイサムに申請を出すのが1番オススメです。

 

代行業者もありますが

自作のDVDに音楽を入れてもらうのは少し割高になる可能性があります。

業者にもよりますので聞いてみるのが得策です。

 

そういった申請が面倒だったら、DVD自体を業者に作ってもらいましょう。

 

ライブエンドロールで使う音楽

これは、どうしようもないです。

式場の業者に金額を支払うほかないですね。

 

ライブエンドロールは

当日の映像を撮って修正してDVDに焼いて流します。

同時に音楽もDVDに焼きますので

原盤を流すのは難しいかも知れません。

 

ただ、

エンドロールを作成する場合は、セット価格になっている事があります。

『値引きしてくれればやります』って言えば値引きしてくれるかも・・笑

 

余興のCDや余興DVDで使う音楽 

正直に言いますが、ここは『グレーゾーン』です。

厳しい式場は、余興ですらアイサムの申請を求めるかもしれません。

甘い式場は、余興ぐらいならいいかぁとなってくれるかもしれません。

ただ

式場が音楽を用意してくれることは、まずないでしょう。

 

他にも音楽を使用した余興はありますが

・カラオケの機械を使用しての歌や踊りの余興

・バンドでの余興

は『複製権』が適用されませんので安心して盛り上げて下さい。

 

しかし

『グレーゾーン』と言えど見つかった場合は罰せられます。

そこは、自己判断ですよ。。

 

注意すること

最初に注意して欲しい事は

【アイサムに使用したい曲がない時】です。

その場合

曲のリクエストをしないといけません。

リクエスト後にアイサムが楽曲者に承諾を頂くように手配するのですが

約1ヶ月前後かかります。

 

ここが最大のポイントです!!!

打ち合わせが早い式場なら大丈夫ですが、

打ち合わせが遅い式場は

1ヶ月前に『曲を用意して下さい』って言われるかもしれません。

 

アイサムに曲がなく、式場から言われるのが1ヶ月前なら

流したい曲が流せない!!

f:id:JAPANmachida:20170905154608j:plain

ってなります。

最悪、原盤を買わないと流せない状況になります。 

 

簡単に何曲用意すれば良いか、簡単に説明します♪ 

 

【披露宴で流す曲】

①新郎新婦入場

②乾杯

③ケーキ入刀

④新婦中座

⑤新郎中座

⑥新郎新婦入場

⑦演出

・テーブルフォトやテーブルラウンドの場合(3~4曲)

・メインキャンドルの場合(1曲)

・各卓キャンドルの場合(3~4曲)

⑧新婦手紙

⑨花束贈呈

⑩新郎新婦退場

⑪オープニングDVD(1曲)

⑫プロフィールDVD(3曲)

⑬エンドロール’(1曲)

この他にも

歓談中や待って頂く時間などに好きな音楽を流したい人は

曲を用意しなければなりません。

 

結構ありますよね!?

流せないってならない様に準備が必要です。

 

次に注意して欲しい事は

式場に詳細を聞くことです。

金額の事ももちろんですが

もし

万が一複製権を侵害してしまった場合

どちらが責任を負うかです。

 

複製権を申請していない曲を流した場合

式場側が運営を停止される事もありますが

新郎新婦に責任を負わされることもあります。

 

ここは、重要な部分ですのでしっかり聞く事が重要です。

 

代行業者を使用していれば、代行業者が罰せられます。

 

最後になりますが、

1日しかない、幸せな1日です。

流したい曲を流すには、著作権は今や避けては通れない時代です。

だからこそ

しっかりとした手順を踏んで当日を迎えて頂きたいと願っています。

 

不明な点があれば、問い合わせより御相談下さい。