Scramble

仕事と趣味と雑記とetc

【危機的状況】10年後、20年後、約50%の人は職を失う事に・・

f:id:JAPANmachida:20171003234758j:plain

 

10年後、20年後、更には30年後

科学や機械の凄まじい発展により

人間が行うであろう仕事は急激に減っていきます。

その時、どうしますか???

今、横目で見ている浮浪者が

将来の私やあなたかも知れません。

仕事が無くなる・・現実と未来を見ていきましょう(@_@;)

 

 

仕事が無くなる可能性がある職業とは・・

仕事が無くなるなんて戦々恐々としますよね・・

ホント仕事なくなったらどうしよう~子供を養えない・・泣

 

f:id:JAPANmachida:20170905154608j:plain

でも、

少なからず時代はやってきます。

あの、有名なオクスフォード大学の准教授も

政府の統計データでも立証されています。

その1部の職業はこちらです。

・電話オペレータ

・レジ係

・弁護士助手

・ホテルの受付

・簿記、会計の事務

その他、色んな業種が名を連ねています。

 

『えっ?!全部紹介しろって?!』

 

全部紹介すると、ちょっと腱鞘炎が痛くて・・・(T_T)

許して!!!

f:id:JAPANmachida:20170911122925j:plain

ただ、

抜粋した職業には

すでに機械が使われている物もあります。

 

まず、

電話オペレーターなんて代表的ですよね!!

『プッシュ番号を入力してください』って・・

早くして!!って思いますが、代表的な例ではないでしょうか??

 

また、

ホテルの受付です。

まだ具体的には採用されてないですが

高速のサービスエリアやショッピングモールで見かけませんか??

ロボットが立っていて、タッチパネルで操作すると

説明を交えて答えてくれるんです(*^。^*)

 

で、

レジ係です。

 

これは、もう人の労働力が絶滅寸前です。

特に良く見かけるのは、ガソリンスタンドです。

 

ガソリンスタンドは、その殆どがセルフになっていて

整備や故障で常時2名が居る位ではないでしょうか??

 

昔なんか、

不良のバイトはガソリンスタンドって事で

いっぱい人居たのに・・私もバイトしてました・・・(笑)

 

しかも、

TUTAYAもセルフレジ化しています。

労働力と言ったら、商品の陳列位じゃないでしょうか??

この陳列をロボットがやったら・・

人要らないですね・・

 

これから先の進歩を考えると

なんとなく、

バイトって無くなる予感すらします。。。

 

個人的には、

『人対人』が良いって思うんですが

会社の利益やらを携わった経験から

経営者と言う立場で言えば

機械が出来るなら機械を購入して、人員を減らします・・もう泣きたい・・泣

 

なぜなら、

『圧倒的に人件費のコストが削減できるから!!』

それだけです。。。

コストが削減出来るのに人を雇うなんてムダです!

あなたが経営者だったら

どうしますか???

f:id:JAPANmachida:20170901151746j:plain

 

機械の方が安いかなんてわかんないじゃん!!

って思うかも知れませんので

簡単に人件費について触れてみましょう!!(-。-)y-゜゜゜

 

機械と人・・コストの違いは歴然

 まずは、

 せっかくなのでTUTAYAのセルフレジを想定して見ましょう!!

大体規模的には、

レジが常時3人とします。(細かい事は考えず)

営業時間は、10時~24時の16時間

ずっと同じ人が働かないにしても

常時3人と考える事を前提として

時給980円(深夜、残業は抜かします)

1人にかかる1日の給料は

980円×16時間=15680円(高っ!)

3人ですので

15680円×3人=47040円

1ヶ月の人件費として

47040円×30日=1411200円(141万・・汗)

 

ちょっと大袈裟な話として

プログラムや電気代がかかるとして

セルフレジが1台100万としましょう。

3台で300万・・・大袈裟過ぎたかも・・ま、いっか

 

これを実際に1年で計算します。

3人の人件費 141万×12ヶ月=1692万

セルフレジ費用・・・・・・・・ =300万

年間の人件費は、1300万も浮くわけです。

TUTAYAのような全国展開の店舗になれば

47都道府県に10店舗づつあれば・・

1300万×10店舗×47都道府県の人件費が浮くんです!!

年間で

約60億です!!

 

そして、セルフレジにする事によって

その効果は翌年も、翌々年も続くんです!!

 

あなたが経営者だったら

人を選びますか?

機械を選びますか?

 

機械の進歩が、私たちに与えてくれる物は大きいです。

自動車、冷蔵庫、洗濯機、パソコン等々様々です。

 

けど、その事が災いとなる日も遠くないのかも知れませんね・・

 

職を失うのは機械等だけではない!!

今、まさに飽和状態の業界が様々です。

・コンビニ

・美容室

・歯医者

・リラクゼーション

・行政書士や弁護士

他にも様々な業界があります。

もちろん必要な業種ですので

全てが潰れるわけではありません。

 

ただ、

生き残れるのは僅かと言う事です。

 

街を歩いていると

コンビニって多くないですか??

 

『ママおしっこ~』

・・・今!?!?!

『コンビニあったっけ??』

キョロキョロ・・『あった!!』

って日常ありません??

 

それくらい

私たちの日常にはコンビニが多いと認識されています。

 

先程、挙げさせて頂いた業種は

なんと

コンビニの数より多いんです!!

f:id:JAPANmachida:20170906224605j:plain

ちょっとオスギじゃないですか!?!?

いや・・多過ぎの間違いでしょ!?

すみません!!!

f:id:JAPANmachida:20170911122925j:plain

コンビニを上回るって異常ですよね?!

でも、

多くなると1番問題になるのが

価格競争なんです!!

価格競争になったら終わりです。

 

個人商店は潰れていくからです。

 

思い出してください。

リラクゼーション、所謂マッサージは数年前まで

1時間6千円の店が殆どでした。

最近では

1時間2980円なんて店があります。

もちろん

手に職と言う事で、個人の人気店も多く存在します。

ただ、

数年前の半分の値段・・異常です。

 

価格競争になれば

必ずと言って良いほど

閉店していく店は多いでしょう。

個人ではやっていけないんです。

 

イオンやスーパーの出店で

シャッター街と呼ばれる街が出来てしまったように・・

 

美容師なんて昔は憧れの職業でした。

弁護士・・なりたかったなぁ~

『異議アリ!!』って言ってみたかった~

!!??

すみません!!

f:id:JAPANmachida:20170911122925j:plain

もう一つ理由があります。

 

それは・・・

 

需要と供給

 

です!!!

 

需要とは

『髪伸びてきたな~切ろうかなぁ』

『美容院行かなきゃな~』

って美容院を欲しています。

これが、需要です。

 

そして

美容院は髪を切る

これが供給です。

 

簡単に言いすぎちゃいましたね・・汗

 

大袈裟に言いますね!!

髪が切りたい人が100人います。

その街には

美容院が110件ありました。

1人1件行くとして

10件は誰も来ません・・・泣

 

その10件は潰れるしかないんです。

 

増え続けると

需要と供給のバランスが必ずおかしくなり

アンバランスをおこし

バランスがとれるように減るんです。

 

これからは、

少子高齢化です。

人口が増える事は考えにくい

そうなれば・・結果は見えてきますよね・・

f:id:JAPANmachida:20170829223524j:plain

 

そして

20年後、30年後の将来は

もっと恐ろしい事になるかもしれません。

 

それは・・

 

f:id:JAPANmachida:20171004005541j:plain

 

AIが人を超える日が来る

今、もっとも進化が進んでいるのは

AI=人工知能です。

専門家曰く、

AIが人の知能を超える日が近い将来やってくる。

それは、

20年後~30年後と言われています。

 

もう、現段階で私の脳はAIに負けてます。

なんてこった。。

f:id:JAPANmachida:20170902220034j:plain

でも、

そんな日は必ず訪れる日が来るんでしょうね。

その時、

どれだけの職が無くなるかは想像もつきません。

最悪

AIに人が管理される時も・・

考えものですね・・

 

職を失わない為に何をするのか

考える必要があるのではないでしょうか??

 

職を失ってもいい準備とは・・

職を失ってもいい準備・・

それは

自立する事だと思います。

 

それに、

年金は10年後、20年後、30年後、

年を重ねる毎に受給される保障はありません。

現に

消費税を上げないと国が潰れるんでうすからね・・汗

 

www.machida0108.xyz

 

 

今後、

ネット元年を境に

ネットの需要は年々増すばかりです。

それは、

ネットで事業を行うには絶好の機会と言えるでしょう!!

 

えっ?!

レッドオーシャンだから無理!?

ブルーオーシャンなんて狙えない!?

 

ご存知ですか!?

世界で事業に成功している

億万長者と言われる80%の人は

レッドオーシャンに参入して勝ち取っている事を

ブルーオーシャンの成功者は、たったの20%なんです。

 

ブログでも

『レッドオーシャンは人が多い

    ブルーオーシャンを狙うべき』

なんて言っている人が居ますけど・・

 

ブログで稼ぐ事は、

レッドオーシャンじゃないんですか??

ネットで稼ぐのは

レッドオーシャンですよね?!

 

人気の高いカテゴリーに挑むのは正解だと思います。

だって

手本の先駆者が多いんですもん。

それに

人気だからこそ利益が見込めるのです。

 

ブルーオーシャンやバズる事を目的にしない事

それが

利益の確保に繋がる道です。

 

道が開ければ

ブルーオーシャンを狙えば良くないですか!?

一攫千金を狙うのは難しい

ただ、

地道に稼ぐのは難しいですが

可能性は高いんです。

 

あなたは、どちらを選びますか??

 

少し道がそれてしまいましたが

今の自分の現状を見据えて下さい。

 

そして

未来の自分を見据えて下さい。

 

何か見えて来ませんか??

 

出来ない人なんて居ません!!

 

でも、

出来る人、出来ない人

 

それは

やるか、やらないか

それだけの違いです。

 

明るい未来を作っていきましょ♪♪