Scramble

仕事と趣味と雑記とetc

プロが教える結婚式の費用が上がる3大ポイント

こんばんわ

今日、台風凄かったですね(T_T)

明日の方が凄い地域が多そうですね・・・

台風被害が少なくて済みます様に。。。

 

さて、

今回は『結婚式の費用について』です。

参考になれば幸いです。

では、早速・・

 

 

 

えっ!?最初と最後で費用はこんなに違うの?!

実際にプロポーズをされて

結婚式場に見学に行く方もいらっしゃると思います。

式場見学の時って

事前に結婚情報誌のゼクシィ見たり、NETでいろいろ調べて

結構いくら位かかるか目安がついているはずです。

その金額の目安と、金額の見積もりを見た時に

『大体調べたのと同じ位だね』って思うと

ついつい『ここでいっかぁ~』って

式場に御制約をされる方々も多いのではないでしょうか??

でも、それは大きな勘違いです。

皆さんが良く調べるゼクシィの金額ページはこちら

zexy.net

見て頂くと(内容は省略してます)

全国平均が359.7万円

招待人数平均が71.6人

こちらの金額を否定するわけではありません。

この人数で、この金額にあてはまる方もいます。

私が何を伝えたいかと言うと

あくまで全国の平均という事です。

実際に小さくゼクシィも記載してます。

※費用総額は挙式、披露宴・パーティ費用のみ、結納、二次会、新婚旅行などの費用は含まれない。

こんな感じです。(小さい・・(@_@;))

ちょっと注意して頂きたいのは

小さく記載してある

※費用総額は挙式、披露宴・パーティーのみ・・の所です。

これは、費用の誤解を招く原因なんです!!

この平均の内訳は様々で

・挙式のみの方

・挙式と写真だけ撮った方

・挙式・会食で10人位の方

・挙式・披露宴で150人の方

まだまだありますが・・結果平均なんですm(__)m

もちろん低くなる事もありますよヽ(^。^)ノ

 

じゃあ、結局最初と最後でどれ位上がるの??って話ですが・・

実際は

成約時に貰っている見積もりから

50万~100万は上がります!!

良心的な式場は、最初から殆ど上がらない見積もりを作成してくれますヽ(^。^)ノ

これから、

最初と最後で金額が違う事柄をいくつか紹介します。

 

式場を決めてもらう為に見積もりを安く見せる

これは、約8~9割位の式場がやっていると言っても良いでしょう

式場に決めてもらう為に費用を安く見せています。

まぁ、これは私の仕事柄もあり肯定も否定もしませんが

個人的には大嫌いです。

実際、『金額面』は式場決定理由の上位5以内には毎年入る項目です。

最近では少子高齢化も進み、結婚式を行うカップルも少なくなりました。

その中で

最終的に優劣が決まる事もある金額の見せ方に式場は工夫をしています。

それによって金額が安く見え

見学されるカップルの殆どが

見積もりが正しいか正しくないかわからずに決めてしまうのです。

もちろん

しっかりと見積もりを提示してくれるプランナーもいますが

殆どの見積もりは金額が上がるようになっているのは事実です(T_T)

後々、苦労しない為にも最初から見積もりの説明はして頂きましょう♪♪

 

これから

種別ごとに金額の説明しますね♪

 

固定費用と変動費用

結婚式の費用は大きく分けると

固定費用と変動費用の2つに分かれます。

 

固定費用の種類

固定費の種類は一般的に

人数が増えようが減ろうが関係なく結婚式に使用するもです。

例を挙げると

・挙式料(チャペル式、神前式など)

・ドレス、タキシードの衣裳関係

・着付等の美容関係

・写真、映像関係

・演出(メイン演出)

・メイン生花とブーケ、両親用花束

・両親用留袖、モーニング(礼服の場合はなし)

とこんな感じではないでしょうか

実際に『人数が増えた方が自己負担減るよ』って聞くと思います。

それは

ご祝儀の兼ね合いで固定費用が少なからず賄えるからです。

 

変動費用の種類

変動費の種類は一般的に

人数によって左右される費用の事です。

例を挙げると

・料理

・ケーキ(入刀後人数分配る場合)

・ドリンク

・ペーパーアイテム(招待状・席次表・席札など)

・引出物

・演出(卓上演出)

・テーブル装花(6名~8名で1つ)

という感じです。

これらの費用は御祝儀内で賄える事が殆どです。

 

 

注意が必要!!ここは最初に必ず聞いて欲しいベスト3!!

いくつか話をさせて頂きましたが

結局は最初に金額面を聞く事が大事です。

ポイントを絞りましたので

ぜひ、式場を決めてしまう前に聞いておきましょう!!

 

衣裳編

衣裳は後々金額があがる要因の一つです。

実際に最初の見積もりから金額が倍になった話も聞きます。

前撮りだけ違う衣裳を着る場合も聞く事をオススメします。

聞くポイントとしては

・提示された金額は1番上の衣裳なのか?

・前撮りだけ違う衣裳を着る場合はいくらかかるか?

・1番低い金額の衣裳はいくらか?

・新郎の衣裳は、どれくらいの金額の幅があるのか?

など聞く事が大事です。

新婦の衣裳に目が行きがちですが

式場によっては新郎の衣裳が『えっ?!マジ?!』って所もあります・・泣

本当に1番細かく

聞いて欲しいのが衣裳です!!!

 

写真・映像関係

衣裳と同じ位重要な所です。

なぜかと言うと

種類が豊富なんです!!

それに加えて、殆どの方が写真・映像は行うと思います。

現在

9割の方が『ライブエンドロール』を行います。

6割の方が『前撮り』を行います。

8割の方が『当日の写真』を撮ります。

と言う様に『記念に残す』と言う事なんです。

ここは、式場の裏側を話せば『売上が上がる項目の一つです』

聞くポイントですが・・

・ライブエンドロールの種類と金額

・前撮りの種類と金額

・当日スナップやアルバムの種類と金額

写真・映像は10万~30万は超えてきますので

ここも衣裳と同じくらい聞く事をオススメします!!

 

料理

最後に注意して欲しい事が料理です。

なぜかと言うと

最低金額の料理で見積もりを出してくる事が殆どです。

それと

見学の段階で見積もりを安く見せるのは『料理』なんです。

実際に70人ですと1000円違うだけで

サービス料や消費税を含むと10万変わってきます。

例として

最初の見積もりは11000円だったとします。

仮に、その式場では

料理のコースが

11000円

14000円

15000円

しかなかったと思います・・えっ!?

いざ打合せが始まったらコースの種類を知る・・

11000円のコースを初めて見たら微妙・・

次は14000円のコース・・30万も変わります!!

これって

結構普通にある事です!!

コースの種類やコースの料理写真は必ず式場にあります!!

写真がないなんて式場はありません!!(だって撮影しますもん)

なので

・コースの種類

・コース料理の写真

ここは確実に聞いたり、見せて貰いましょう!!!

 

以上が式場を決める前に必ず聞いて欲しいベスト3です。

特に衣裳と写真・映像は

最終的に金額があがる7割を占めていると思います。

良く聞いて検討して下さいね♪♪

 

御祝儀で結婚式が出来るってホント!?

嘘言ってもしょうがないので正直に話します。

『出来ます!!』ヽ(^。^)ノ

ただ

自己負担がかかると言われている結婚式。

それを、御祝儀で行うには妥協も必要という事を知って下さい。

御祝儀内で行うにはいくつかの条件があったりする式場が殆どです。

良くあるポイントを紹介しますね♪♪

 

日程が限られている

これは、式場の運営上プランに記載する事が多くあります。

実際に言ってしまえば『会社都合』です。

半年以内や3か月以内といったプランが多くみられますが

基本的に結婚式は『予約事業』ですので

半年以降に予約する方が殆どです。

となると

半年以内って予約は入りにくいんですよね。。

でも

会社的には予約を入れなくてはいけない(T_T)

そんな時に

『日程だけ我慢して頂ければ安くします。』

って感じで予約して頂くんです。

良い方は悪いですが、『バーゲン』と一緒です。

デメリットとしては

時期が迫ってきているので

打合せは大変です・・急ピッチです。

それを除けば、通常の式と変わりません。

 

マタニティプラン

これも、時期的には直近で式を行う方向けのプランです。

マタニティの方向けの記事は別で書きますが

マタニティで式を挙げるなら7か月目までです。

そして発覚して式をやろうとするのは

妊娠して2か月目くらいではないでしょうか??

ですので

式場見学時には『5カ月以内』となります。

先程の『日程が限られている』でも説明した通り

安く結婚式を挙げる事が出来ます。

 

その他

時期やマタニティに関係なく

『安い結婚式』のプランは多くあります。

ですが

注意してほしいのは『内容』です。

紙面やNETのプランを見て見学されると思いますが

紙面やNETは、

大まかな金額表示はしていますが

細かな金額表示はしていません!!

見学時に詳細を聞く事をオススメします。

 

最後に・・・・

如何でしたか???

何だかんだ書いてますが

結局の所・・しっかり聞く事が大事です!!

一生に一度の記念日です。

後になって聞いてなくて

式場とトラブル、新郎新婦の喧嘩にならない様に

何事も最初が肝心ですので、漏れがない様にしたいですね♪♪

 

式場選びや準備で困っている事があれば相談して下さいね♪♪